防犯・空き巣・侵入手口

日本一安い!鍵と鍵交換のロックスター/侵入の手口

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

侵入の手口は年々進化していき、防犯対策とのいたちごっこのような状態です。
ロックスターではご希望のお客様には定期的な防犯診断のご案内もさせていただいておりますので、ご遠慮なくお申し付けください。

ピッキング

有名な開錠方法として知られているピッキング。
ピッキングとは特殊工具を鍵穴に差し込んで鍵を開け、シリンダーを壊さずに侵入する手口です。

ピッキングの対策

  • ピッキングに強いディンプルキーなどに鍵交換する。
    ピッキングで10分以上開かない鍵への交換がオススメです。
  • 補助錠を取り付ける。
  • サムターン回し

    ドアの室内側にある鍵のツマミをサムターンといいます。
    サムターン回しは、ドアの隙間や鍵のすぐそばに、ドリルで穴を開ける、もしくは郵便受け、のぞき穴などから針金等を差し込んで、中のサムターンを回して開錠し、侵入する犯罪手口です。

    サムターン回しの対策

  • 室内側の鍵のツマミ(サムターン)にカバーを付ける。
    これにより内側から鍵を開けられなくします。
  • 補助錠を取り付ける。
  • カム送り

    鍵穴の周りの部分とドアの隙間に特殊な道具を差込み、内部から直接鍵を開ける方法です。
    ピッキングやサムターン回しと違い侵入された跡がつきにくいのも特徴です。

    カム送りの対策

  • 鍵とドアの間に隙間が出来ないような錠前に交換する。
  • 補助錠を取り付ける。
  • 破壊開錠

    名前の通り鍵穴をドリル等で破壊し、内部から直接鍵を開ける方法です。
    バールで無理やり扉をこじ開ける場合もあります。

    破壊開錠の対策

  • ドリル破壊に強い鍵に交換する。
  • 補助錠を取り付ける。
  • ドアガードプレートでバールを入れる隙間を無くす。
  • 窓ガラスには防犯フィルム防犯ガラスセンサーを取り付ける
  • Copyright (C) 2009 - LockStar Co.Ltd. All Rights Reserved.

    ホームページテンプレートのpondt